ナビゲーションをスキップします

メニュー



シルバー認証マーク 障害者雇用支援マーク



Twitter ブログパーツ
ここから本文

プロフィール

本 名:長崎圭子
誕生日:10月21日
星 座:天秤座
出身地:徳島県
血液型:B型
身 長:165cm
体 重:言えません!

趣 味:読書、ごろ寝、ネトゲ、ぼ~っとすること。

特 技:声だけはいい!


好きな人:
BOФWY、布袋寅泰、QUEEN、KISS、BEATLES、鼓動、初代高橋竹山、deep purpleDURAN DURAN、DAVID BOWIE、X、亡くなったhide、etc・・・・

好きな物:
イサム・ノグチの作品、ロバート・キャパの写真、猪熊弦一郎美術館、さぬきうどん、ラジオの仕事、阿波踊り、本、カラオケetc・・・

略 歴

父(他界)、母、弟二人(5歳、7歳下)の家族で育つ。
7歳から愛媛県、14歳から香川県で過ごし、高校でヤンキーデビュー。
1987年12月27日が 「交通事故記念日」
4年4ヶ月の入院中、計8回の手術を受け、右下肢機能全廃により身体障害者2種3級と認定される。
後、長下肢装具と杖歩行で社会復帰を果たす。
民間企業で働きながら、朗読ボランティアを始め、1995年「点字サークル・ライト」を設立。
1997年から、地域のコミュニティーFMラジオのパーソナリティをつとめはじめる。
その様子を描いたNHK教育テレビ「きらっといきる」(2000年11月)に出演。当時の番組担当プロデューサーに認められ、2001年4月より、NHK ラジオ第二「ともに生きる〜圭子のゆうゆうゆう」(毎月1回)の全国放送が始まった。(30分番組)この番組は、障害当事者である自らがテーマを決め、あらゆる障害者に電話インタビューし、生の「仲間の声」を放送するというもの。取材から、構成(台本作り)、収録、編集を一貫して行う「ディレクター」業務と「パーソナリティ」を兼任し「当事者主体」を実践した、NHK大阪放送局初の試みでもあった。2002年3月、ついに大阪に引っ越し、2003年4月には、毎週出演する「メイン・キャスター」となる。現在は二次障害の進行により、屋外では電動車いす、家の中は歩行、と使い分けて、取材やイベント司会なども行う。
現在の障害者手帳等級・・・一種2級  パニック障害、抑うつ状態でもある為、薬は手放せない。

主な活動

ラジオのキャスター、ディレクター、イベントの司会、プロデュース、ビデオのナレーション、声優など。

主な受賞歴

1999年全国ボランティアフェスティバル「ボランティア活動記録コンクール」優秀賞受賞
「2001年日本青年会議所主催:人間力大賞」受賞
平成17年度大阪府某市障害者施策検討委員会・委員
平成17年度大阪府某市障害者移送サービス検討委員会・委員
NHKハート・プロジェクト・委員
平成22年度厚生労働省管轄~ビッグアイ総合ビジョン策定委員

芸能関係者の方へ

プロフィールをダウンロードできるようにしました。

»プロフィール(PDF、397KB)